アニメ・声優大好きなGONTAの日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---------------------------------------------------------------

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲
【観劇/感想】 劇団岸野組1990プロジェクト2011年4月公演『踊る阿呆』
2011年04月04日 (月) | 編集 |
劇団岸野組1990プロジェクト2011年4月公演『踊る阿呆』

*-----
幕末。品川の旅籠・大黒屋に客人からもたらされた質草、それは地球儀。
そしてその地球儀に招かれるように、昔、異人に助けられた男達が集まってきた。
そこへ黒船がやってきたのは偶然か…。
-----*



劇団岸野組1990プロジェクト2011年4月公演『踊る阿呆』に観劇に行ってきました。
幕末の時代。ペリーが来訪するちょっと前のお話。
品川の旅籠・大黒屋の奉公人 芳蔵は8年前に宿屋の旦那 床右衛門に拾われ、その
恩を返そうとご奉公する。長女お梅の芳蔵に対する想いを知った床右衛門は二人を
夫婦にしようと話をすすめる。しかし、芳蔵はどうしてもお梅とは夫婦になれない
訳が・・・というお話。

全体的にテンポの速いお芝居で、忙しく移り行く時代の流れと巻き起こる事件が
江戸っぽいかもなと感じました。
内容は時代劇の喜劇で、要所要所に笑いを散りばめてる飽きない仕上がりになって
いて、今回のお目当ての伊瀬さんの役どころは、好奇心旺盛で真っ直ぐな宿屋の次女。
前半は姉を想い芳蔵とぶつかるような立居地ですが、物語が進むと徐々に彼女の
好奇心旺盛の性格が物語に深く関わっていくそんな役です。


毎回、伊瀬さんの公演には足を運ばせてもらってますが、回を重ねるごとに表情や
動きが大きく惹きつけられる芝居をするなと感じました。

今回、舞台が終わった後にキャストとお話できる時間があったので、自分も伊瀬さんや
関俊彦さんとお話させてもらいました。

伊瀬さんは舞台の時には分かりませんでしたが、かなり声を壊していらっしゃって
「私、大丈夫だった?」と自分の芝居の心配ばかりしてましたね。

まだ始まったばかりですし、お体には気をつけて最後まで走り抜けて欲しいと思う
そんな初回公演でした。




<関連>
伊瀬茉莉也「無事に初日が終わりました」


劇団岸野組1990プロジェクト2011年4月公演『踊る阿呆』
★公演期間★2011年4月2日(土)~10日(日)
4月2日(土) 15:00
  3日(日) 15:00
  4日(月) 19:00
  5日(火) 19:00
  6日(水) 15:00
  7日(木) 19:00
  8日(金) 19:00
  9日(土) 15:00
  10日(日) 15:00
  ※受付開始は開演の45分前、客席開場は30分前になります。

劇場:下北沢・本多劇場
出演:岸野幸正・関俊彦・伊瀬茉莉也・鳥居しのぶ・目黒光祐・大倉正章・志賀克也・山路清子・奥戸裕子・桝中玲・上岡昌雄・中村美緒・小野真佑・今澤慧美・大泉龍也・岡田有紀・柴田佳奈・帯刀春菜


---------------------------------------------------------------

2011/04/04 19:21 | 声優 伊瀬茉莉也 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。