アニメ・声優大好きなGONTAの日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---------------------------------------------------------------

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲
【イベント レポ】 妄想ボイスフェス
2007年06月04日 (月) | 編集 |
ciffonレーベル第1期総集編的イベント「妄想ボイスフェス」
開催日時:2007年6月3日(土)13時00分~13時30分 以降握手会
開催場所:とらのあな 秋葉原1号店 7F
内  容:トーク&握手会
出  演:稲村優奈、河原木志穂、渡邊梢、遠藤綾


前回行った告白イベントに魅了されたのか、妄想ボイスフェス1回目に参加してきました。
1回目、2回目とも稲村優奈さんが出演なんですが、1回目には最近「らき☆すた」で人気
急上昇中の遠藤綾さんが出演するということで1回目に参加することに。
前回同様、内容はトーク、妄想ボイス、リクエストボイス、そして握手会という流れ

13時になり出演者登場。
稲村さんは白のブラウスに黒のカーディガン、タータンチェックのスカート。
遠藤さんはTシャツにジーパンとラフな格好でしたね。
まずはトークパートから

渡邊「『おにいちゃんCD』から来ました、渡邊梢です。
   こういうイベントは初めてですが、温かい目で見てください。」

稲村「『告白CD』から来ました、稲村優奈です。よろしくお願いします。」
河原木「『ありえない告白CD』から来ました、河原木志穂です。よろしくお願いします。」
遠藤「『おしかりCD』から来ました、遠藤綾です。よろしくお願いします。」

司会「今回、他のCDのセリフにも挑戦して頂くんですが、聴いた事はありますか?」
河原木「私達(遠藤&河原木)は意外と出てるんですよ?」
遠藤「そうですね。」
河原木「『おにいちゃんCD』意外は出てるので、気持ち悪いくらい『おにいちゃんCD』は
    聴いてきました。」

司会「稲村さんは?」
稲村「『ありえない告白CD』意外は聴いてきました。
   『おにいちゃんCD』はビックリしましたね!
   お兄ちゃん!お兄ちゃんって、それだけで・・・
   こういうのもあるんだっなって。」

司会「渡邊さんはどうですか?」
渡邊「みんなセリフあって良いなぁって思いましたね。」

司会「今度、鬼畜CDってのが出るんですが、こういうのがあったらやりたいなぁって
   CDはありますか?」

河原木「男性バージョンとかあったら面白いかも?あとは『ささやきCD』とかは?」
稲村「耳元で囁くようなね!」
司会「鬼畜CDはオファーが流石に難しかったみたいで・・・」
遠藤「そんなに鬼畜なんですか?」
司会「私は違いますがね。」

遠藤「私は『美味CD』とかやりたいですね!食べて美味しくなかったら言わない!」
司会「ハードル高くなってますね。(笑)
   他にオファーが来たら、その時はよろしくお願いします。」

司会「それではセリフにいってみましょうか?
   みなさん、それぞれ順番に『おにいちゃん』のセリフから。」


遠藤さん、河原木さん、稲村さん、渡邊さんの順

<おにいちゃんCD セリフ>
遠藤「ふふっ(笑)」
司会「これ、シチュエーションを言った方がいいですかね?」

・凄く喜んでおにいちゃん。(遠藤綾)
遠藤「おに~いちゃん♪」
河原木「やるな!」

・ちょっと怒っておにいちゃん(河原木志穂)


・ちょっと泣いておにいちゃん(稲村優奈)
稲村「お・おにいちゃん・・・」

河原木「可愛い!」

・凄く悲しくおにいちゃん(渡邊梢)

・凄く眠くおにいちゃん(遠藤綾)
遠藤「おにいちゃん・・・zzZ」

河原木「でも、綾ちゃんが眠い時はこんなんじゃないね!もっと人じゃなくなる。」

・遠くからおにいちゃ~ん(河原木志穂)

・ちょっと照れながらおにいちゃん(稲村優奈)
・凄くバカにしておにいちゃん(渡邊梢)


<おしかりCD セリフ>
司会「じゃあ、おしかりはお客さんに向って。」
遠藤「(言う対象を)選んでいいんですか?(笑)」

ここは順番にセリフのみで

遠藤「もうキライ!」
河原木「信じられない!」
稲村「なんてことしてくれるの!」

河原木「バカに付ける薬はないわね!」
稲村「このヤロ~ 家の畑荒らすな~」
渡邊「ウザイ!黙れ!」


<告白CD セリフ>
遠藤「スキデス。ダイスキデス。」(外人風?)
河原木「君だけの教師になってあげる♪」
稲村「あなただけのファンになってあげる!」

河原木「ずっと前から好きなのだ~」


<ありえない告白CD セリフ>
・酔っ払いながら「好きです。付き合ってください。」(遠藤)
・歯を磨きながら「I LOVE YOU」(河原木)
・電話で「あなたを見ているわ!」(稲村)
・耳を塞いで「あなたのことが好き」(渡邊)

・クシャミしながら「私を温めて」(遠藤)
遠藤「私を温めて。」

河原木「訛ってる?そういうキャラ設定?」

・口を塞ぎながら「大好き」(河原木)

・ちょっとバカにしながら「愛してる」(稲村)
・墓場で幽霊に遭遇して「私も連れてって」(渡邊)


司会「どうでしたか?」
遠藤、河原木、稲村、渡邊「え!?」
河原木「どうにもこうにもですよ!」
稲村「こういう感じなんですね。」
河原木「『ありえないCD』は本当にありえなくて!」
稲村「1回ずつツッコミたかったです!」


<リクエストボイス>
― バーカ!バーカ!お兄ちゃんバーカ!を子供っぽい感じで。
遠藤「バーカ!バーカ!お兄ちゃんバーカ!」
稲村「可愛い!」

― お醤油貸してくださ~い。いつもありがとうございます。
河原木「それは、なにCDですか?ご近所CDで?」
河原木「お醤油貸してくださ~い。いつもありがとうございます。」

遠藤「凄い!おばさんみたい!!」
河原木「そこ笑いすぎ!!」
稲村「この後やるの?」

― バカにした感じで「おにいちゃんイベント行きすぎ!」
稲村「おにいちゃんイベント行きすぎ!」
河原木「叱られたいのね。」

― はじめまして。これからもよろしくお願いします。
渡邊「はじめまして。これからもよろしくお願いします。」
司会「いいですね。」
河原木「おばちゃんよりはね。」

― おにいちゃん大好きで。
遠藤「それは普通に?」
結構照れてました。
やっぱこういうストレートな感じは恥ずかしいんでしょうね。

― 朝の通勤時に信号青が3回続いて「やった!ちょ~ラッキー」って。
  普段はクールなんだけど・・・

河原木「ちょっと!難しい。。」
河原木「やった!ちょ~ラッキ~!!!」

稲村「凄い!」

― 女性警官が銃を構えて「私のハートを返しなさい!」
河原木「これ前から観たい!」
稲村「私のハートを返しなさい!」
河原木「いいねぇ~」

― おにいちゃん地獄に落ちろ!
渡邊「おにいちゃん!地獄に落ちろ!」
河原木「これじゃ痛めつけられないね。」
遠藤「楽しかった~」

司会「以上で今回のイベント終了したいと思います。」


これにて終演。
握手会は置いといて、イベントは予想以上に盛り上がりましたね。
というより河原木さんと遠藤さんの演技の幅が広くてビックリ!
まさにプロって所を見せつけられました。

遠藤さんは「らき☆すた」のみゆきさんくらいしかまともに知らないので、
そのイメージで観に行ったら恥ずかしくなったくらい、多彩な声と演技を
披露してくれました。
河原木さんの演技も凄すぎてポカ~ンって感じです!

トークに関しては流石 稲村さんで、河原木さんの軽快なトークに一人だけ
着いていってましたね。やっぱ安心して聴けます。
二回目は稲村さんの独壇場だったんでしょうかね?そんな気が・・・

前回は告白を楽しむって感じでしたが、今回は出演者の演技を楽しむって感じで
かなり貴重なイベントだったんじゃないかと思います。


<関連>
稲村優奈「妄想ボイスフェス、二回とも楽しかったです☆」
渡邊梢「今日は妄想ボイスフェスでした☆」
河原木志穂「妄想ボイスのイベントは・・・・・(^^;)」
遠藤綾「『妄想ボイスフェス』に来て頂いた皆さん、ありがとうございました!!」
スポンサーサイト
---------------------------------------------------------------

2007/06/04 02:16 | 声優 稲村優奈 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
【イベント レポ】 「告白CD」発売記念イベント@ヤマギワ
2007年05月05日 (土) | 編集 |
「告白CD」発売記念イベント@ヤマギワ
開催日時:2007年5月4日(金・祝)16時00分~
開催場所:ヤマギワソフト館8Fイベントスペース
内  容:トーク&ライブ、生告白&リクエスト告白、
      2枚購入で握手、3枚購入で4ショットチェキ
出  演:阿部玲子、稲村優奈、初音りお
<セットリスト>
01. 『告白 ~好き、大好き~』 唄:初音りお


やっとGWだなぁと感じる今日。向かった先はヤマギワソフト館。
一度は行っとくべきだなと思っていた「妄想 voice CD」イベントに参加してきました。
開場前にチケット配布状況を見てみたら配布終了。
さすが稲村さん、阿部さんと人気絶頂のお二人だけはありますね。

知り合いはそんなに居ないだろうと思いながら入場列に
稲村さんイベントでよく見掛ける方々がほとんどを占めてた気がしました・・・
BPSは行ったことないんで分かりませんがね。

今回はイベント参加のみ
4ショットチェキは魅力ですが、3枚購入するほど必死じゃないみたいです。
なのに整理券番号はめっちゃ早くて、実はレポ取りづらかったり・・・
そんなこんなで最前で観賞することに。

司会からの挨拶の後、初音りおさんの曲からスタート

01. 『告白 ~好き、大好き~』 唄:初音りお

初音りおさんはお初でしたが、なんかしっかりした感じの方でした。(イメージだけ)
曲が終わると稲村さんと阿部さんが揃って登場。
左から初音さん、阿部さん、稲村さんという順番。
衣装の方は、初音さんがピンクのインナーの上に白のワンピ。
阿部さんは白とピンクのワンピにピンクのベレー帽。ちょっとメイドっぽい感じの服?
稲村さんはピンクの上着(ちょっと表現しずらい・・・)に白の短パンという、ピンクと白で
統一されたような衣装。

稲村「はい。つるがおか祝役、稲村優奈です。よろしくお願いします。」
阿部「野々宮歩役、阿部玲子です。よろしくお願いします。」
初音「初音りん役、初音りおです。よろしくお願いします。」

全員挨拶が終わったところでトークパートへ
まずは、「告白CD」収録時の面白エピソードから!

阿部「告白のセリフばかりをポンポン言ってたので・・・」
初音「恥ずかしかったね!」
稲村「ポンポン言っちゃってたんですけど、だんだん楽しくなってきちゃって♪
   人生で一番告白した日って感じで、面白かったですね!」



―このセリフが一番良かったっていうのは?
稲村「やっぱり『愛してます。』とか『好き・・・』とかって短いセリフなんですけど、そこに全て
   凝縮されてる感じで一番印象に残りますね。」

阿部「私も『お兄ちゃん!』って言葉が! 肝心な事は言ってないんですけどそこに全て凝縮
   されてて、やっぱり思い入れがありますね。」

初音「私は『オフ』って言葉! オフって有名にならないと言えないじゃないですか?
   いつか言ってみたいなって。(笑)」


ここからはメインイベントの『生告白』のコーナーへ

【生告白】
稲村さんから順番に1告白ずつ10通り披露。
これまたなかなかのもので、聞いてるこっちも照れますね!
ちなみに稲村さんは『新人OL』、阿部さんは『妹』、初音さんは『アイドル』という役どころ

稲村「係長に怒られちゃいました。慰めてください。。」
阿部「お兄ちゃん。第二ボタンをください。」
初音「好き。」

など結構マニアックな告白からシンプルな告白まで。
流石に全部は無理なので幾つかピックアップしました。

阿部「お兄ちゃんのこと・・・本気になっちゃうよ!」
初音「あ・・・愛してます・・・」
稲村「けっ・・・結婚してください!」

阿部「私には、お兄ちゃんしか見えてないよ!」

阿部「愛してるよ。お・に・い・ちゃん!」

稲村「先輩じゃなくて・・・今日から貴方って呼んでもいいですか?」

稲村「一生・・・一緒に居て下さい。」


とまぁ、かなりレア度の高い内容でした!(笑)
阿部さんが言ってる最中にめちゃくちゃ照れてて凄く可愛かった!
顔隠すくらい恥ずかしかったみたい。

阿部「相変わらずの羞恥プレイで・・・
   でも、だいぶ慣れましたね。
   この間はどうしようもなく恥ずかしかったけど!」

司会「では、みなさん『ご馳走さま!』って言いましょう!」
観客「ご馳走さま!」
稲村「お粗末さまでした。こんなこと言われたの初めて~(笑)」

さらにここからはもう一つのメインイベント!『リクエスト告白』のコーナー
出演者3名に言ってもらいたい告白を、会場の中から選ばれた人がリクエスト。
そして生告白という流れ。クジは入場時に貰った整理番号の中からランダムで。

阿部「これ、お客さんもドキドキだね!」

【リクエスト告白】
―リクエスト 1 (担当:初音りお)
初音「私のドキドキの正体が分かったわ!正体は貴方ね!!」
阿部「凄い(初音さんが)照れてるのが可愛いんですけど!」

―リクエスト 2 (担当:阿部玲子)
阿部「好きです。」
阿部「・・・恥ずかしい!」


―リクエスト 3 (担当:稲村優奈)
リクエストした人が阿部さんという方らしく
観客「阿部さん!大好きです!とお願いします。」
稲村「一瞬こっち(あべっこ)に言うのかと思った(笑)」

稲村「阿部さん!大好きです!」

阿部「なんか私も照れますね。(笑)
   テレビで阿部首相が呼ばれた時もドキッってするもん!」


―リクエスト 4 (担当:初音りお)
初音「貴方の為だったら、なんでも出来ます!」
初音「緊張しちゃいますね?」


―リクエスト 5 (担当:阿部玲子)
阿部「愛しています。結婚して下さい。」
阿部「・・・今、よろしくって言いましたよね?(笑)」


―リクエスト 6 (担当:稲村優奈)
稲村「せ・先輩!好きで~す!」(叫び気味で)
稲村「想いは届いたみたいです!」


リクエスト告白も終わり締めの挨拶に

司会「ちょっとテンポ速いかもしれませんが告知とか?」
阿部「なんかあっという間でしたね。
   もう一回くらい告白とかしたくないですか?」

稲村「ね~♪」

ということで、もう一巡だけリクエスト告白を

―リクエスト 7 (担当:初音りお)
初音「この変態!・・・でも好き!」
稲村「なんか新しいですね?
   しかもツンデレ系だね!ちょっと違う?」


―リクエスト 8 (担当:阿部玲子)
阿部「私のこと好きになっていいぞ!・・・くくっ(笑)」
稲村「カッコイイなぁ」
阿部「こんなこと、なかなか無いね!」
稲村「自信ないと言えないね?」
阿部「ないから笑っちゃった!」

―リクエスト 9 (担当:稲村優奈)
稲村「好きです。付き合って下さい。答えは聞かないけど・・・」
阿部「つまりコレって言い逃げですか?
   分からないけど想いは伝えたいってことですか?」


司会「ということで短い時間でしたけど最後に告知など。」
稲村「私、5月に色々イベントに出演させて頂きます。
   5月13日に萌フェスに出演させていただくのと、その販促イベントを5月5日の
   明日『LittlePSX』にて行います。
   メイド服を着てみなさんと楽しみたいと思いますので、よろしくお願いします。
   あと、5月20日に『ルーンエンジェル隊3rdコンサート』もあります。
   出演者みんな気合入ってますので、ぜひ来て下さい。」

阿部「毎月ラムズイベントホールでBPSのイベントをやっていますので、ぜひ来て下さい。
   よろしくお願いします。」

初音「この後ピュアロマンスってユニットでライブがあります。
   あと、6月25日にDVDを出すことになりました。こちらヤマギワさんでイベントもあります。
   それと、5月13日の萌フェスにもピュアロマンスで参加させて頂きます。観て下さい!」

稲村「詳しい情報は各HPを見て下さい。」


これにて終演。
かなり面白い内容でした。出来ればもう少し聞きたかったってくらい。
今回のメインはトークより握手会 + 4ショットチェキだったみたいなのでしょうがないですが、
トークメインでも十分楽しめる内容じゃないかな?と

稲村さんは流石で照れてる素振りはなく、逆にリアルに照れてる阿部さんに視線が集中して
しまったのは俺だけでしょうか?(笑)
そんな姿を見るだけでも、十分価値があったイベントだったと思いますね!

イベント終了後は、握手会に参加したお知り合いと入り口付近でお喋り。
チェキに参加された方を待つとの事で、その後やることもないし少しお話することに。
すると正面入り口から最後の参加者より早く稲村さんがお帰りに。
そのままダッシュで駅へ! まぁ誰も気が付いてなかったみたいですけど。。
後でチェキに参加した方に聞いたら次の予定が迫ってたとか。
なんかの撮影だったようですね?ホントお疲れ様です。

6月3日に「妄想ボイスフェス」が「とらのあな」で開催されるので、ちょっと不思議な
妄想ボイスに浸ってみたい方は参加してみては?
ciffonレーベル第1期総集編的イベント「妄想ボイスフェス」開催!
 出演:稲村優奈、河原木志穂、渡邊梢 + α


<関連>
稲村優奈「告白CDイベントはめっちゃドキドキ出来て楽しかったですよー☆」
阿部玲子「告白ってやっぱり恥ずかしいね」
初音りお「告白CDイベントはもぉチョウ満員!」

 

---------------------------------------------------------------

2007/05/05 01:07 | 声優 稲村優奈 | Comment (2) Trackback (0) | Top▲
【イベント レポ】 「sorachocoファースト・ミニアルバム」CD発売記念
2007年03月13日 (火) | 編集 |
「sorachocoファースト・ミニアルバム」CD発売記念@石丸電気
開催日時:2007年3月11日(日)11時35分~12時20分 以降握手会
開催場所:石丸電気SOFT 1 3Fホール
内  容:トーク&ライブ、握手会
お知らせ:3月10日発売中の『声グラ』にインタビュー掲載
      4月にイオン与野にてライブ開催
<セットリスト>
01. 『Attention Please!』
02. 『夢の花』


070311_sorachoco.jpg

11時10分頃開場。
中央の柱より左一面には椅子が設置。
右側は立ち見用のスペースが用意されていました。
観客は、ほぼ全員が椅子に座れるくらいの人数

11時35分開演
いきなり『Attention Please!』の曲が始まり、sorachocoのお二人が
テンション高めで登場!

稲村「アテンションプリーズ!」
花村「プリーズ!プリ~~ズ♪」

01. 『Attention Please!』

お二人の衣装ですが稲村さんは、白いセーターに赤いタータンチェックのパンツ
花村さんは白いタートルネックノースリーブのセーターに赤いタータンチェックの
ミニスカート、白いニットの長手袋
チャレンジライブで使用した衣装と同じものですね。

稲村・花村「ありがとうございました~」

稲村「みなさん雨の中おいで下さってありがとうございます。
   改めましてこんばん?は(笑)」

花村「え~」
稲村「sorachoco稲村優奈です。」
花村「はい!sorachocoの花村怜美です。」

花村「ちょっと動揺してるでしょ?」

稲村「そういうこともあるよ!
   ということで、今日はよろしくお願いします。
   そういえば、イベントの仕切りって日直制じゃなかったっけ?
   2人のどちらかがってあったよね?」

花村「えっ!?きょ、今日は次があるじゃん!
   そっちで頑張ります。」

花村「近況とか話します?仕切んなきゃ!」

稲村「じゃあ、どうぞ。」
花村「えっ!?私??
   ・・・そうですね~ 花見に行きたいです!
   なかなか行けないんで。袴で行きたい!」

稲村「ちなみに卒業式って袴を着るの?」
花村「着る!」
稲村「それってブログに載っける?みんなも見たいじゃん!」
観客「おぉ~」
花村「分かった!載せる!」

花村「じゃあ、優奈は?」

稲村「私は昨日、京都に行って日帰りで帰ってきました!
   実家に帰ったんですが、色々妹と回ってきましたよ。
   プリン君を妹が作ってくれたんですが、今度はそれを持って金閣寺とかに
   行って『(プリン君が)金閣寺です!』ってブログに載せたいですね!」

花村「何時帰ってきたの?」
稲村「夜中の12時くらいに帰ってきましたよ。
   そうそう、sorachocoのCDも聴いて下さいって宣伝してきた!
   なんか鹿児島で探してくれたみたいで、『sorachoco』って言ったはず
   なのに『稲村優奈ちゃんと花村怜美ちゃん』で探したみたいで、
   sorachocoでいいのにってね。」

花村「それは嬉しいね。
   私もメールとかいっぱいきて、DVDもねあたしのことを友達が撮影
   してくれたのがあるんだけど声が入ってて、『声が入ってるよ。』
   『マジで!』なんて話も(笑)
   優奈はない?」

稲村「私は弟の声が入ってて、それを弟に言いましたね。
   稲村家は仲良いんで!
   福袋を開けるシーンは妹が撮ってくれたんですよ!」

花村「私も福袋買ったんですよ!私も福袋開けるの撮影しようかと思ってて、
   でもお互い何を撮影したのか内容は知らないし、やってたら被ってたけど
   やればよかったなぁ。」

稲村「良いの入ってた?」
花村「入って・・・・
   でも!靴下とか妹にあげましたよ!
   家も仲良くしようかなぁって。。」

稲村「DVD観たけど、普段の花村怜美だなぁって思いましたよ。
   まだ観てない人は観てください。」


花村「CDの話とかしましょうか?」
稲村「(会場に)なんか聞いてみたいことありますか?」
花村「いきなり!?」

観客「共同作業で作った詩について。」
花村「『夢の花』の話をしましょうか。
   これはお互い曲を家に持って帰って詩を書いて、現場にそれぞれ書いた
   詩を持ってきて比べてみたら同じような言葉・ニュアンスが入ってて、
   それ以外の部分は抜粋して並べて繋げて作りました。
   どこをどうとって、どう繋げて一つにしていくのか考えて・・・
   ぶっちゃけるとこういうのは優奈の方が得意で」

稲村「そうだね。」
花村「優奈の考えた文章をベースに、優奈がここでどういうことを考えて
   どういう気持ちで書いたのか聞いて、それで私の気持ちや想いを繋げて
   協力して作りました。
   『夢の花』の『ふわふわと風に乗って』って部分は優奈が作った歌詞で
   そこは優奈の表現。
   私は『舞い上がる風と共に 遙か遠く』ってとこ!
   本当に二人の感性が同じ方向に向いてるって感じる作業でしたね。」

稲村「そういうことを考えながら長い時間を掛けて作ったので、じっくりと
   聴いてもらいたいですね。」

花村「一問でしたがここで質問コーナーは突然終わります!
   次はクイズコーナー!!」


ということでクイズコーナー
三択なんですが、まぁ難しいこと(笑)
勝利者にはサイン入りポスターのプレゼント

<クイズコーナー ~第一回戦~>
第1問. 今日食べた朝食は?(優奈ver)
(1.納豆ご飯 2.クロワッサン 3.マック)
正解.クロワッサン
稲村「珍しかったの!ここに来る前にマックでも食べたんですが、その後に
   クロワッサンも食べたんで、最後に食べたクロワッサン!」


第2問. 今日食べた朝食は?(怜美ver)
正解.食パン

第3問. 昨日食べた夕食は?(優奈ver)
正解.黒豆御膳
稲村「実家で食べたんですが、お豆腐とかお酒とか付いてきてね。」
花村「お酒飲めるの?」
稲村「それがね!甘かったの! アレは飲めるなって。」

第4問. 昨日食べた夕食は?(怜美ver)
正解.パスタ
花村「あたしパスタも好きなんですよ!
   ブログにも上げたいんですけど、それこそ食ブログになってしまうかもって(笑)
   そのうちパスタについて書くかも!」


第5問. 優しさ感動MAXって思う時は何時?(優奈ver)
正解.病気の時にお母さんが看病してくれた時

ここで正解者1名決定
そのままニ回戦目へ

<クイズコーナー ~第ニ回戦~>
第1問. 蒼い月に叫ぶとしたらなんて叫ぶ?(怜美ver)
(1.キャ~ 2.オラァ 3.ハァ~)
正解.ハァ~
花村「オラァが多いね(笑)」
稲村「なんでハァ~なの?」
花村「やっぱメッセージとかじゃなくて、言葉にならなくて『はぁ~』って言いそう。」

第2問. 今、花村さんに言いたいことは?(優奈ver)
(1.いつも優しくしてくれてありがとう 2.早く卒業してね 3.いつもうるせぇんだよ!)
正解.早く卒業してね
花村「よかった~ 3番じゃなくて!こわい、こわい。」

第3問. 今、稲村さんに言いたいことは?(怜美ver)
(1.落ち着け! 2.いつも色々教えてくれてありがとう 3.最近冷てぇんだよ!)
正解.落ち着け!
稲村「落ち着けかぁ。 落ち着くよ!」
花村「ほら、たまに一人だけツボに入ってる時あるよね?
   (焦りながら)『今日ねこうこうこれでこうだったんだよ!』って言って、
   『もう一回言ってみて?』みたいな。」

稲村「あるある。」

第4問. DVD問題 稲村優奈のお正月の料理で好きなものは?(優奈ver)
正解.お雑煮

第5問. DVD問題 花村怜美の居酒屋の料理で好きなものは?(怜美ver)
正解.イカ刺し
花村「イカ刺しっていうか珍味の盛り合わせが好きなんですよ! ”たこわさ”とか。」
稲村「酒飲みじゃん。」
花村「でも、居酒屋って行ったことないよね?」
稲村「行っても私は『ウーロン茶で!』ってなるね。」

3名勝ち残り。ジャンケンで1名に

花村「じゃあ次!ジャンケン大会をしたいと思います!」
ということでジャンケン大会へ(笑)

<ジャンケン大会>
こちらもサイン入りポスターのプレゼント
まずは花村さんからジャンケン、結構残ってましたが次の稲村さんのジャンケンで
2人勝ち残り。スゲ~

花村「稲村伝説だよ!」
稲村「特技はジャンケンかな(笑)」
ポスターも残り2つとなり、またまたジャンケンへ

花村「これ優奈からやったら凄い減るかな?
   みんなどっちとジャンケンしたい?って難しいこと聞いたか!」

ということで稲村さんから。
流石に1回じゃねと思いきや、稲村→花村→稲村の3回で1名勝ち残り
稲村伝説の始まりか?

花村「ありがとうございます!お疲れ様でした!!」
稲村「沢山持ってる人も居ると思いますけど、大切にしてください。」

花村「お知らせでもいきますか?」
稲村「全部いいお知らせなんですが、まずは3月10日発売になった『声グラ』に
   sorachocoの記事が載ってます。
   その時は外で撮影させていただいて。」

花村「小道具(チョコレート)も本物を使ってね!」

稲村「4月に!3ヶ月連続ライブのスタートになったイオン与野でライブをやります!
   日時とかはこれから決まっていくので、HPで情報をチェックしてください。」

花村「4月はイオン与野だけじゃなくて、もう一箇所いきたいなぁって思ってます。」

花村「そろそろ時間みたいな感じになってます。
   今日はあと一曲歌いたいと思います。これで最後です。
   では次の曲を歌いましょうか!夢の花。」


02. 『夢の花』

稲村・花村「ありがと~」

稲村「本当に楽しいCD発売記念イベントになりました。
   これからもsorachocoを応援して下さい!
   ありがとうございました。」

花村「この後の握手会も楽しみにしてます!」

これにて終演
この後は握手会ですが、トーク&ライブ・ゲーム大会とかなり時間を使って
しまった為、握手会は手短にとのこと
次の大宮があるからだと思いますが、そちらは行かなかったりするので。。

握手会があるのに45分も時間を取ってくれたのは嬉しかったですね!
30分くらいかと思ってたから。握手会は苦手だし丁度いい感じです。
稲村さんとは「ライブ行きます。」くらいの話。
花村さんは意外にもCD発売日にお会いした時、少し話した程度なんですが
「覚えてますよ」と言われました。ホントに?
意外に覚えられない自身あるのになぁ
なんにせよちょっと嬉しくなりました!
確実に花村さん寄りになってきたな俺。。

花村さんはイベント中も握手の時も軽くテンパって見えたのは俺だけか?
そういう方が観てて楽しいんですけどね!
珍しく司会が花村さんだったので、これまたなんか新鮮な感じが。
4月にライブですか。日にちを聞きたかったなぁ

イベントに関しては、なかなか面白い内容でした。
ジャンケン大会はもちろんですが、クイズもほとんど勘ですしね!
今回初参加って人には、とても優しいイベント内容だったんじゃないでしょうか?


<関連>
花村怜美「sorachocoのCD発売記念イベントが無事に終了しました☆」
稲村優奈「無事に二回のイベントを終える事が出来ました。」


---------------------------------------------------------------

2007/03/13 16:46 | 声優 稲村優奈 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
【ライブ レポ】 チャレンジライブ「Hello! sorachoco」
2007年02月11日 (日) | 編集 |
sorachocoファーストアルバム発売記念チャレンジライブ「Hello! sorachoco」
開催日時:2007年2月4日(日)17時30分~19時30分
開催場所:高田馬場 Club 1ne 2wo
内  容:ライブ
<セットリスト>
01. 『A LIFE WITH THE STER』
02. 『夢の花』
03. 『ゆな蔵音頭』 Vo.稲村優奈
  (「奈々と優奈のにじいろコレクション」キャラクターソング)
04. 『幸せ日和』 Vo.花村怜美
  (アニメ「Happy World!」エンディング主題歌)
05. 『れっつアプリコット体操』 Vo.稲村優奈
  (ギャラクシーエンジェる~ん アプリコット・桜葉 キャラクターシングル)
06. 『FIGHT-FIGHTが止まらない』 Vo.花村怜美
  (ギャラクシーエンジェる~ん アニス・アジート キャラクターシングル)
07. 『ウキウキ☆ワクワク』稲村優奈企画
08. 『ハナミズキ』(原曲:一青窈)
09. 『Attention Please!』
10. 『遙かなストーリー』
11. 『Miss Primrose』
~アンコール~
EN1.『Attention Please!』
EN2.『A LIFE WITH THE STER』



16時半開場
入場してみると、ざっと400人くらいの人数が集まってたんでしょうか?
その中には年輩の女性や一般の女性がちらほらと
お二人のお友達や親戚の方だったみたいですね。

17時頃
正面のスクリーンにお二人に関係している作品のプロモが流れます。
・sorachocoオリジナル携帯サイト『☆sorachoco♪BOX☆』
(本日のライブレポートをいち早くお届け!)
・『AAAで行こう!!』ショートアニメ
・『吉永さん家のガーゴイル』DVDプロモ
・『ギャラクシーエンジェる~ん』DVDプロモ

さらに諸注意のアナウンスが
??「本日はお忙しい中、sorachocoファーストチャレンジライブHello! sorachocoに
   お越し頂き、ありがとうございます。
   公演に先立ちまして、諸注意をさせていただきます。
   あ!?ご紹介が遅れました。浅井プロダクション 中山恵里奈と申します。」

はいキタ!
実はすぐ気付きました。
ナレ始まった途端レポりましたね!

中山「講演中ステージに駆け出したりの行為は、講演の妨げになるのでおやめください。
   また、テープレコーダー・カメラ等による録画・録音などの行為は禁止です。
   ブログやHPに書く方はご自身の記憶頼りでお願いします。
   今日の内容は、みなさんに知ってもらいたいので”ドンドン”書いちゃって下さい!
   あっ!あと私のこともよろしくお願いします!
   では、開演までしばらくお待ち下さい。」

ウケる!(笑)
なんてサプライズもありつつ、ライブスタートです。

ステージには6人編成のバンドメンバーがスタンバイ
17時35分頃
稲村さんは、純白のカクテルドレスに白のファーボレロ、首にはパールのネックレス
花村さんは深緑のカクテルドレスに同じくパールのネックレス
お二人が登場すると同時に一曲目へ

01. 『A LIFE WITH THE STER』

02. 『夢の花』


稲村「こんばんは~
   すごい歓声でビックリしましたけど・・・
   sorachocoで~す!」

観客「わ~」
稲村「sorachocoの稲村優奈は私です!」
花村「なにそれ~」
稲村「そして、相方の花村明美です。」
花村「こんばんは~」
稲村「どれだけの人が来てくれるのか、控え室で心配してました。」

稲村「今日はファンの方や、関係者の方々、小学校からの友達にまで声を掛けて、
   たくさん来てもらってます!」
稲村「今歌った曲、一曲目は『A LIFE WITH THE STER』という曲で、
   初めて貰った曲で、一番長く歌ってきてる曲です。
   歌い方も進化してきて、最初の頃とはだいぶ違いますね。
   で、次の曲が初めて聴いてもらうんですが『夢の花』というタイトルです。
   二人で共同作業して作った曲です。」

花村「これですよ!
   二人で格闘しながら作って、これがまた・・・」

稲村「2人それぞれが考えてきた歌詞のイメージを合わせるのがね」
花村「だって優奈のあの柔らかい雰囲気に合わせるのが難しくてね・・
   レコーディング当日までやってたもんね」

稲村「そんなアルバムも21日に発売になります。」
花村「どっちが書いた詩かな?って考えながら聴きいみて下さい。」

稲村「私達は声優をしているんですが、そんな私達のキャラクターソングを
   歌っていきたいと思います。
   私が出演している『奈々と優奈のにじいろコレクション』のラジオドラマに
   出てくる”ねこのゆな蔵”の歌をうたいたいと思います。」

花村「私が続けて歌わせて頂く曲は『幸せ日和』です。
   私の最初の作品『Happy World!』のED曲になります。
   何年ぶりだろう?」

稲村「で!準備していいのかな?
   なにこれ?」

と、取り出したのは゛ネコ耳゛

稲村「おいら!ゆな蔵~
   ラジオの中から飛び出してきた゛ゆな蔵゛です!
   みんなよろしくな~」
稲村「今日はオイラが主役だぞ~
   じゃあ聴いて下さい。ゆな蔵音頭!」


03. 『ゆな蔵音頭』 Vo.稲村優奈

稲村「ありがと~ バイバイにゃ~」
稲村さん退場
そして花村さんが慌てて飛び出してきて・・・
花村「ありがとうごさいまし・・・(コードに引っ掛かりコケそうに)
   あっ!?・・・おちつけ、おちつけ。
   だってこの曲は当時歌った懐かしい曲なので、それだけで緊張するんです!(>_<)
   それでは聴いて下さい。幸せ日和!」


04. 『幸せ日和』 Vo.花村怜美

花村「ありがとうございます。
   何年ぶり?」

稲村「お疲れ様でした~」

花村「あの頃はエルちゃんの格好してね~」
稲村「コスプレというものをして歌ってたんですよね?」
花村「“幼稚園生”って呼ばれたりしながら(笑)
   知ってる人もいるよね?」

稲村「なにやら、なんかやらかしてましたが・・・」
花村「いや~ (^_^;)」

稲村「二人が揃ったってことは・・・
   私達が出演している『GALAXY ANGEL Ⅱ』のキャラクターソングを
   歌いたいと思います。」

花村「12月31日のディナーショウ以来ですよね?」
稲村「そうですね!
   あたしはアプリコット・桜葉というキャラクターを演じていて、
   ゲームではしっかり者でお姉ちゃん大好きで、男の人に触られると怪力を発揮して
   投げ飛ばすというキャラクターなんですけど、アニメではドジっ娘なんです。
   今回歌うキャラクターソングはアニメ寄りです。」

花村「私の歌うキャラクターソングはアニス・アジートというキャラクターのなんですけど、
   ゲームでは男っぽくて、アニメではある人に借金をして散々な目に(笑)
   これから歌う曲は真面目な感じがするので、そこを聴いて頂けたらと思います。」

稲村「じゃあ、私から歌うね!
   アプリコット桜庭です♪
   お姉ちゃんは居ないのに、お兄ちゃん達が居ますね!
   ふぅ~
   落ち着いた所で私の曲を聴いて下さい。
   れっつアプリコット体操です!」


05. 『れっつアプリコット体操』 Vo.稲村優奈

稲村「ありがと~バイバイ~」
優奈ちゃんが退場し、入れ替わりで花村さんが登場。

花村「いきま~す!」

06. 『FIGHT-FIGHTが止まらない』 Vo.花村怜美
しかし歌い出して歌詞を間違えるハプニング
花村「2番、歌っちゃった~
   あ~(歌詞)分かんないよ~ (>_<)」

と結構混乱してました。
可愛かったですが。。

稲村さん登場
花村「や~ びっくりした! ごめんなさい。」
稲村「今、そらちょこの曲を2曲、キャラクターソングを2曲歌ったんですけど、
  この後あの企画をやるんですよ!
  ちょっと後のスクリーンを観ていて下さい。大事です!」


ここからはスクリーンに映像が
------------------------------------------------------------
『稲村優奈 緊急企画!』
稲村「ついにきました 稲村優奈企画!
   やりたい、やりたいと言ってきましたが・・・やっとね♪
   タイトルは『ウキウキ☆ワクワク』!簡単です。
   私が掛け声をかけるので、みなさんやってみて下さい。」
稲村「一回やってみていい? HEY! JUMP! 」

観客ジャンプ

ここからはメロディに合わせて
稲村「さぁ、いいですか?
   みんな隣りの人と手を繋ごう~♪」

隣の人と手を繋ぐ
稲村「伝わったかな?隣りの人に伝わったかな?」

最後は『ラララ♪』の歌詞に合わせて大きく左右に手を降って

稲村「さあ!これだけです!!
   みんな『準備はいいか?』って言ったら、知らない人でも手を繋いで下さい!
   最後の『ラララ♪』では、みんな手を降って下さい! 結構出てきますので。
   最後だけ『決定!』って言いますので(両手を上に)やって下さい。」
稲村「さぁ、みんな楽しもう!」

------------------------------------------------------------

ここで映像は終わり
二人も衣装を替えて登場。
稲村さんは、白いセーターに赤いタータンチェックのパンツ
花村さんは白いタートルネックノースリーブのセーターに赤いタータンチェックの
ミニスカート、白いニットの長手袋

稲村「さぁ、みなさん!お待たせして。
   衣装もチェンジしてきました!」
稲村「みんな(映像の振付)分かった?
   みんなでやってみたいと思います!イェ~イ♪」


07. 『ウキウキ☆ワクワク』稲村優奈企画

そりゃもう稲村さんノリノリでしたね。
隣りの知らない人と手を繋ぐ・・・ちとキツイなそれは。

稲村「盛り上がった曲の後は、静かな曲を聴いて下さい。
   この曲は二人でカラオケボックスに行くとよく歌う曲なんです。
   ハモリっていいなぁって二人で話したり」

花村「ね~」
稲村「2人でハモる曲を歌いたくてこの曲を・・・
   『ハナミズキ』聴いてください。」


08. 『ハナミズキ』(原曲:一青窈)

二人でよく歌っているだけはあって、すばらしいハモリでした。
ここだけでしか聴けないのが勿体ない!
どこかでもう一度聴いてみたいですね。

稲村「ありがと~
   元気な曲としっとりした感じの曲を歌いました。
   『ウキウキ☆ワクワク』!」

花村「そこからいこう!」
稲村「ずっと『やりたい!』って言い続けて、やっと叶いました。
   3ヶ月連続ライブの時に、練習に行ったカラオケボックスで話してたんですけど」

花村「練習のカラオケボックスで、『できた!』って歌い出したのがコレだったの!」
稲村「そう。
   思いついたメロディーとか歌詞とか携帯に録音していって、
   時間をかけて作りました。
   偉い人達に『これやりたいんです!』って、後のバックハンドの人達に
   作ってもらいました。」
稲村「大変だったんですよ!
   私、メロディラインとか分からないんで『変則的な曲ですね』って(笑)」

稲村「(バンドメンバーに)どうでしたか?」

キーボード「曲の全貌が分からなかったです。」
ドラム「みんな考えて下さい。 MD渡されて『ザ~』って始まるMDから、
   いきなり『1、2、3、4、Yeah!』って始まるんですよ!?」
稲村「そう!『はじめまして稲村優奈です。これチャレンジライブでやりたいです。』って
   所はカットされてました。」


ベース「編曲は大変でしたけど、『こんな歌です』ってアカペラで歌ってくれた曲は
   キーがバッチリでビックリしました。」
稲村「お~」
ギター「僕は遅れてバンドに参加したんで、『こんなのあるよ』ってこれを渡されて。
   譜面に『Yeah!』とか『HEY!』とか『JUMP!』とか書いてあって、
   なにこれ?って。
   でもやってるうちに、『あぁ、これかぁ』って。」
花村「私もどうやって入っていいのか分かんなくって!
   『つま先つけてジャンピング』ってどうやんだよって、ツッコミですよ!」

花村「『ウキウキ☆ワクワク』は、これからもやるんですか?」

稲村「もちろん!
   みんなも『え~』とか言わないから、ドンドンやっていきたいと思います。イェ~イ♪」

稲村「もっと私達の事しりたくないですか?
   ということで、こんなものを用意しました。
   タイトルは(ステージに)来てから考えようと思って・・・閃いた!
   今、すっごい神が降りて来たんですよ!
   タイトル言います。引いて開いて解体新書!」



<引いて開いて解体新書>

お題:今日の朝、一番初めにしたことは?
稲村「あたしね、朝起きてマスク外しましたね。
   あとマフラーを外して『よぉ~し!』って気合い入れました。」

花村「花村は今朝7時半に友達からメールが来て、『私、今日行けなくなった』って
   『これから仕事』って」
花村「そのあとマスク外しました。」

稲村「まぁ至って普通なんですが・・・」
花村「マスクは、乾燥するんでみなさんにもお勧めです!」

お題:好きな食べ物と色
稲村「これみんな知ってるんじゃない?
   みんなに聞いてみよう!
   花村はなにが好き?」

観客「キュウリ~」
花村「マジで~!?」
花村「これって言っていいのかな?
   前、ラジオで途中”プツッ”って切れたところがあったでしょ?
   『キュウリをキュっと握って”プツッ”』って切れたの気になるでしょ?
   あれ『いつ握ってたんだよ!』って言ってたの(笑)」

下ネタ?
まぁ、大人ですし・・・
でも、ちょっと空気が凍り付いた感が笑えた!

稲村「おっさんくさい」
花村「『きゅうりをキュっと握って』って言ってたんだよね。
   いいじゃない。かじりたくなるよね?味噌付けて。
   で、私の好きなものは・・・」

会場「牛乳~」
花村「牛乳は嫌いです!あれはホントいいです。
   給食に出ると最後の方に一気に飲んで、最後に好きなものを食べて終了。
   牛乳が一番最後になるって我慢できなかったの」

稲村「じゃあ、楽屋で牛乳飲んで開けっ放しになってるから、凄い事になってるかも。」

稲村「私の好きな食べ物は?」

会場「カレー」
稲村「大正解♪」
花村「だってブログとかに書いてるじゃん!
   一時期カレーの写真ばっか載っけて、カレー特集になってたね。」


稲村「では次の・・・」
花村「色はいいの?」
稲村「白、ピンク、黄、水色。
   全部、明るい色です!」

花村「私は黒と緑と茶色と・・・」
稲村「落ち着いた色だね。
   今日も落ち着いた色の服装だったし。
   私はピンクでしたけど!」


ここからはバンドメンバーへの質問
バンドメンバーそれぞれの好きな物を聞いてく感じの内容
お酒だったりF1だったりラーメンだったり
途中ギターの女性がバイクの大型二輪持ってるって話から
花村「バイクなんて乗れないよ~」
稲村「そうだね。怜美はやめた方がいいよ・・・」
花村「なんで~~~」
なんてシーンも(笑)

稲村「『引いて開いて解体新書』でした。
   またいつかやるかもしれません。
   さて、会場もホットホームな感じになったじゃない?
   私はそう思ったんだけど・・・
   じゃあ、次の曲にいってみたいと思います。」


09. 『Attention Please!』

稲村「ありがと~
   この曲はsorachocoの新曲です!
   タイトルもその名の通り『Attention Please!』
   すごいテンションの高い曲になりました。
   収録の裏話的な話をすると『パンパンパパパン』の部分をマネジャーさんと
   ブースでやったんですが、それを20回くらいやって手が真っ赤になって!
   そんなこの曲もアルバムに入ってますので、どうぞみなさまよろしく
   お願いします。」

花村「アルバムの話しないの?」
稲村「アルバムが2月21日に発売になります。
   いままでの曲や新曲、そして二人がそれぞれで作詞した曲も」

花村「コロムビアさんのHPにもう載ってるんですよね?
   曲名見ると『あ~ 優奈ちゃんぽいなぁ』ってタイトルになってます。
   でね。DVDですけど、それぞれ曲について語ってます。
   あとレコーディングの風景やジャケット撮影の時の映像とか、
   40分くらいのDVDになってます。」

稲村「最大5台のカメラがまわってました。 ビックリしましたね~
   ちなみにその撮影の時、お餅つき大会をやってましたね。」

花村「そう!撮ってる時に豚汁とか食べたりして、楽しくやりました!
   ちょっとだけだよ!!」

稲村「お腹出ちゃうしね!」
そして今回のライブグッズの話に・・・
新しいグッズを作りましたって話。

稲村「ここでもう一曲。」
花村「そこいく?
   HPに遊びに来てください!とか言わないの?」

稲村「さっき言ったの!(グッズの話の時)
   でも、もう一回! HPがあります。
   いろいろ情報とか更新してますので来て下さい。」

稲村「それではいっちゃおうかな?」

花村「次の曲はなんですか?」
稲村「『遙かなストーリー』。
   この曲は自分たちもウルウルしちゃう曲なんですが、アルバムに
   入らないことになりました。」

会場「え~」
花村「あ!でも」
稲村「ライブで歌っていきたいと思います。」
花村「・・・・」
稲村「!?」
花村「優奈が全部言っちゃうから・・・
   私、言うとこないの?」

稲村「あっ! じゃ、言ってください。」
花村「なぁ~」
稲村「本日の無茶振り~」
花村「この曲、無くなっちゃうわけじゃないんで、これからもライブ会場で
   歌っていきたいと思います。」

稲村「それでは聴いて下さい。遙かなストーリー」

10. 『遙かなストーリー』

稲村・花村「ありがとうございました。」

稲村「歌詞に『ひとときのサヨナラ』って言葉があるけど、本当その通りですね!
   また遊びに来て下さい。」
稲村「今日は新曲からキャラクターソングまで、いろいろと歌うことができて
   楽しかったです。
   みなさんがこうやって来てくれて、本当にありがとうございました。
   早いもので次の曲が最後になります。
   では聴いて下さい。Miss Primrose。」


11. 『Miss Primrose』

稲村・花村「ありがとうございました~」
手を振りながら舞台袖へ

稲村「帰りたくないよ~」
花村「うん! バイバ~イ。」
ということでアンコール


~アンコール~
稲村「は~い。 ありがと~」 
花村「アンコールありがとうございます。」

稲村「長い時間、ライブが終わるまで付き合っていただいてありがとうございます。
   12月の初めにこのライブがあるよって言われて、レコーディングと重なりつつも
   頑張ってやってきました。
   今日はありがとうございました!」

花村「まだ終わりじゃないよ?」
稲村「そうだね。」

稲村「このライブは、このバンドの助けがないと出来ませんでした!
   さっきはニックネームだったので改めて本名で」

ここで改めてメンバー紹介

稲村「今日は沢山歌って、そして演奏してもらいました!
   アンコールをみなさんから頂いたので、何曲か歌いたいと思います。
   まぁ、何曲といってもね。(笑)
   まずは、ノリノリのこの曲を歌っちゃいます!
   Attention Please!」


EN1.『Attention Please!』

稲村「この曲で本当にラストになります。
   今日はありがとうございました~」


EN2.『A LIFE WITH THE STER』

花村「ありがと~ みんなありがと~」
稲村「こんな沢山の歓声を頂いて、めちゃくちゃsorachocoは幸せだと思います。」
花村「めっちゃ楽しかった~
   これもみなさんのおかげです♪」

稲村「これからもsorachoco、頑張っていきますので応援よろしくお願いします。」

稲村「本当はもっとやりたいですけど」

花村「またお会いしましょう!バイバ~イ」

これにて終演
最後に中山さんのアナウンスが

中山「sorachocoファーストチャレンジライブ、これをもって終了です。
   みなさん楽しかったですか?」

会場「は~い。」
中山「なにが良かったですか?」
観客「ナレーション!」
中山「ありがとうございます。
   無駄に盛り上げてしまいました。」

ビックリ!録音じゃないんですね。
2階あたりで喋っていたのでしょか?

中山「いい感じにナレーションをやってきましたが、MCは中山恵里奈でした。
   今日はありがとうございました。 お気をつけてお帰りください。」



ということで本当に終了
帰りにアルバムを予約。
サイン入りポスターを頂けるということですが、考えてみると貼るとこないし・・・
ライブですが稲村さんがMC担当って感じでしたが、花村さんのドジっぷりが
印象に残ってしまいました。(笑)
しっかりしてる感じがするんですが、意外に・・・

稲村さんのMCは完璧でしたね。
まさに歌のお姉さんって感じ
素晴らしかったです。
でも終始テンション高めだった花村さんの方が俺的には好きかな?
観てて一緒に盛り上がれる感じが好きなんです。

『幸せ日和』
本当に久しぶりに聴きましたが、あの頃より上手くなってますね!
この曲、なんか心地よいメロディが好きなんですよね~
いや良かった。
そしてピンで聴いてみると、花村さんの歌の上手さがよくわかるなぁと実感

『ハナミズキ』
これは素晴らしかった。
この流れで曲を作ってくださいな!
会場限定CDでも・・・

『Attention Please!』
もっとも人気があった曲みたいですね。
アンケート用紙に書かれた曲は、これが一番多かったみたいですし
覚えやすいってのもあるんでしょうが、二人の「ライブ楽しい!」って
気持ちが伝わってきた気がしたのもこの曲でした。




---------------------------------------------------------------

2007/02/11 01:34 | 声優 稲村優奈 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
【イベント レポ】 ギャラクシーエンジェる~ん トークイベント
2006年12月30日 (土) | 編集 |
コミックマーケット71 ばんびブース「ギャラクシーエンジェる~ん トークイベント」
開催日時:2006年12月29日(金)16時00分~16時30分
開催場所:東京ビッグサイト西ホール4F企業ブース
内  容:トーク
出  演:稲村優奈


昼から会場内をブラブラして疲れていましたが、イベントらしいイベントは
これくらいしかなかったので「ばんびブース」前で一時間以上も待機。
みなさん、稲村優奈さん握手会の後そのまま流れて来た感じ
まぁ自分もそうなんですが・・・

始まるまで「ギャラクシーエンジェる~ん」DVD1巻に収録されてる映像特典の
「エンジェル隊フェスティバる~ん」が流れてたので、退屈はしなかったです。
しかし1巻は間違いなく買いそうです。ほとんどライブDVDだし!

16時になり優奈さん登場。
ピンクのセーターに黒のパンツ姿
その前に行われた、握手会時のジャージ姿じゃなかったですね。

稲村「みなさんこんにちは!稲村優奈で~す。
   よろしくお願いしま~す♪」


司会「それでは早速ですが、先日終了したアニメのお話を」
稲村「クリスマスの日に最終回で、みなさんこんな終わり方でビックリしたことと
   思いますが・・・
   かなりメカシーンがあったりとかしましたね!」


司会「いちばん印象に残ってるシーンはありますか?」
稲村「私は一話で『ギュンギュン洗濯が乾く』ってとこ!ギュンギュンってね~
   一話の台本見た時に『これ、リコじゃない!』ってビックリしましたね。
   それとミルフィーユと共演できたのも良かったです!」

司会「新谷良子ちゃんとは姉妹みたいでしたね。」
稲村「ありがとうございます!
   お姉ちゃんのような妹のような関係ですね!二人で居るのは楽しいです。」

司会「私がすげ~と思った事の中に、1月20日に発売になるニュータイプの取材があって、
   その時に優奈ちゃんがあたりまえのように『あたし良子ちゃんが大好きです!』って
   言ったんですよ!
   目の前に良子ちゃんが居るのに告白って・・・
   サラッって言ったんでビックリしました。」

稲村「リコがお姉ちゃんを好きなように、私も良子ちゃんが好きなんですって
   サラッって言ったんです。(笑)
   ニュータイプで普段の生活1週間どんなことをやっているのか、
   良子ちゃんと写真付きで載ってるので見てください。」


司会「アニメになって、ぶっちゃけアフレコで面白かった人は?」
稲村「あけじゃないですか?
   あけはアフレコの時にドンドン動くんですね。
   アフレコの時にクツの音が入ったり、ブンブン腕を振り回したりして
   隣の声優さんにぶつかりそうで(笑)
   それがナノナノみたいな感じなんですよね。
   あとはなんだろ?リコの場合は可愛らしいセリフが多いので、
   台本を持っていない手は、役になりきる為に(手をグーにして口元に)こんな風に
   ”かわいこぶりっこ”なポーズでやってますね。(笑)」

司会「アフレコの時はみんな役になりきってますよね?」
稲村「綾の場合、テキーラの場面ではたくましい感じになってますね。」

司会「1月26日発売のDVDですが、豪華版の方ではコンサートの映像が入ってますね。」
稲村「結構会場だと離れていて顔とか見えなかったりしたと思うので、ぜひ見てください。」

司会「ライブ前とかって、何か『いくぞ~』とかやっていますか?」
稲村「会場によっては『頑張ろうね。』とかやりますが、ほとんどみんな
   振りの練習してる!」

司会「確かにルーンエンジェル隊のコンサートの時は、みんな鏡の前に集まって
   踊りだしてたね。
   佐藤ひろ美さんが『若いよね~』って言ってましたよ!」

稲村「振りは、私が一番覚えるのが遅いんですよね~
   真ん中ってビシッってしなくていいんですよね~
   どの振りでもそうなんですけど『稲村さんはそこでいいんですよ。』って、
   わたし動かなくっていいんだって!(笑)
   ただ、真ん中だから振り間違えると恥ずかしいですよ!」
稲村「ぶっちゃけ1stの時は朝10時集合で練習してたから、2ndの時は余裕ありましたね。」


司会「DVD1巻には、特典映像としてコンサートの模様やプレミアムコンサート応募券
   などが入っていますので、DVDを買わないと応募できませんので、ぜひご購入ください。」

稲村「特典映像の方が長いんじゃないかってくらい長いですね!」

司会「ネットラジオについてお話を聞きたいんですが、その前にせっかくですので
   みんなでラジオの挨拶をしましょう。」

稲村「みなさん一緒にお願いします! ぱろ~ん♪」
稲村「何のことやらって人も居ると思いますが、ラジオでの挨拶です。」

司会「ラジオでは見えないのにみんなやってますね。」

司会「ラジオのタイトルが変わった理由って知ってますか?」

稲村「ご存知でございます。その現場に居ました!」
司会「ラジオ用のタイトルとして『ギャラクシーエンジェる~ん』が出ていたんですが、
   そのタイトルを気に入ってくれた人がいまして・・・」

稲村「言っていいのかな? K会長。」
司会「テレビで使いたいんでラジオは変えてくれってね。」
稲村「ホント切羽詰った時だったんで大変でしたね。」
司会「タイトル決めてくれた方が『僕、これ以上出来ません・・・』って
   出たタイトルが『ピャパプピーペンピェぷ~ん』」

稲村「ほんと衝撃的なタイトルでした。言えないって・・・」
司会「タイトル決めてくれた方なんですが真面目な方なんで、もうこれしかないなって。」
稲村「みんな”えっ?”の一言ですよ!
   誰も言えなくて、これは早く言ったら噛んじゃうんじゃないのって。
   私は提供クレジットのところで言わなくちゃいけないんで焦りましたね。
   みなさんタイトル間違えないように、ラジオへ送ってきてください!
   あとは11月から新体制でラジオの方もリニューアルするので、楽しみにして下さい。」

司会「1月4日かな? 新年一発目からガラッと変わってます。」
稲村「みんな、ホント『え~』って言いますよ!」
司会「結構謎のコーナーが。
   たぶん優奈ちゃんの家族構成とか分かるかも。」

稲村「メンバーの家族構成とかのコーナーもあるので、楽しみにして下さい。」

司会「DVDですが、アニメ1話のシャワーシーンですが。
   普通に見るとこれ(『KEEP OUT』がリコの前に)なんですが、隠しコマンドを
   入力するとこれ(リコの下着姿)になっちゃうんです。」

稲村「でもこれにたどり着くには何かしないと。」
司会「ブックレットを見れば分かると思います。」

司会「第1話で『KEEP OUT』が多いのはアプリコットなんですよね?」

稲村「ありがとうございます!『KEEP OUT』!」
司会「こんなに(リコは)大きくなりましたみたいな。」

- 質問コーナー -
質問:好きなキャラと苦手なキャラ
稲村「苦手なのは、3話くらいに出た酔っ払いのおじちゃんは苦手かなって。
   好きなのは、リコ以外だったら佐藤さん、鈴木さん、田中さんかな?
   あれ一人でやってるのが凄いですよね!
   みんなで物真似とかやったりしてますね。」

司会「あけちゃんが上手いですかね?」
稲村「えんなが上手いですね。」
司会「優奈ちゃんは?」
稲村「私ですか?」
司会「聴きたいですよね?」
稲村「え~ じゃあ。
   『へ~か!へ~か!』って・・・」

会場拍手
なかなか似てました!上手かったですね。
稲村「よかった~」

質問:もし14話を稲村さんが作れるとしたら、誰のセリフを多くしますか?
稲村「それはもちろんアプリコットですよ!『リコの一日』みたいな♪
   それかクーヘンさんかな?
   小西さんは台本に無いことをおっしゃるので、毎回楽しませてもらってます。」

司会「先輩達には恵まれてましたね。」
稲村「先輩達にはいろいろ教わってます。
   ブースの外に出ると個人レッスンとかしていただいて。
   ホントにいい先輩に恵まれたなぁって。」


司会「最後に告知など」
稲村「明日からディナーショーです。
   あたしもディナーショーなんて行ったことなくって、分からない人です。
   けど、メンバー全員で一生懸命練習してますので、ぜひ見に来てください。
   ホントによろしくお願いします。」
稲村「31日はディナーショーが終わった後A&Gに『sorachoco』として歌ってきます。
   よろしくお願いします。
   あと『sorachoco』は2月21日にメジャーデビューします。
   ミニアルバムには歌と私生活の映像などが入ってます。
   それに先駆けて単独ライブをやります!詳しくはHPを見てください。
   この日は10曲ちょっと歌う予定になってます。
   ミニアルバムの曲だけでは足りないので、もしかしたらキャラソンとかも
   歌うかもしれません。」


司会「最後に一言お願いします。」
稲村「帰って明日のディナーショーの練習します。帰って踊ってます!」
司会「最後はみんなで『ギャラクシーエンジェる~ん』と言って、
   締めたいと思います。」

稲村「今日は本当にありがとうございました。
   いきますよ!
   ギャラクシ~!」

会場「エンジェる~ん!」
稲村「ありがとうございました~」


これにて終了
『sorachoco』ライブ行きたいですね!
結構人気ありそうだから先行予約じゃないと難しいのかな?
できればローソンチケで購入したいんですけど。

会場で偶然知ったイベントでしたが、いろいろと思い面白い話も聞けたし、
めっちゃ近くで見れたしラッキーだったかな。
今年最後のイベントでした!




---------------------------------------------------------------

2006/12/30 22:40 | 声優 稲村優奈 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。